【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

マイルCS2019 気になる出走馬の詳細は?

 

秋も深まってきた日本競馬界。これから年末の有馬記念まで毎週のようにG1レースが組まれていますが、その内訳をみると中距離戦か2歳戦、そしてダートのレースとなり、短距離馬の締めくくりのレースがあまりありません。そんな短距離馬の総決算とも言えるレースがこのマイルCSです。

 

今年のマイルCSは11月17日(日)の15時40分に京都競馬場の芝コース1600mで開催。3歳以上の馬が出走可能となる、まさに秋のマイル王決定戦です。

 

もともとマイルCSは1984年に新設されたG1レース。この年から日本競馬も世界に合わせるためにグレード制を導入し、各重賞レースがG1からG3までの格付けをなされる中で、短距離馬のG1レースが極端に少ないことに気が付きました。

 

かつての競馬には「軍馬を育成する」という側面があり、長く走れる馬がいいとされる風潮がありました。そのため日本でも長距離レースの比率が多く、天皇賞(秋)でさえもこの年まで3200mで行われていたほどでした。

 

それがグレード制を導入して世界の競馬に合わせようとしたことで、天皇賞(秋)の距離短縮を始め、マイル戦線のレースの充実を図るようになりました。その1つがこのマイルCS。当時の関西圏のレースでマイルG1はこのレースしかなかったため、短距離馬には重宝されたという歴史があります。

 

その証拠に歴代勝ち馬を見ると、初代のニホンピロウイナーをはじめ、ニッポーテイオー、サッカーボーイ、オグリキャップなどの歴代の名馬が続出。その後もタイキシャトル、エアジハード、デュランダル、ダイワメジャー、カンパニー、モーリスと名馬が毎年のように排出される名レースでした。

 

しかし一方で、荒れるG1としての側面を持つのが近年のマイルCSの特徴。勝ち馬はともかく2〜3着が荒れるケースが多く、馬券的な配当も期待できるレースとなっています。

 

短距離馬たちの総決算とも言えるレースだけにどんな馬が集まるか気になりますよね? それではブックメーカーで発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

 

ブックメーカーbet365

 

ブックメーカーウィリアムヒル

 

今年のマイルCSはダノンを冠号に持つダノックスの所有馬の一騎打ちという様相が強い一戦に。その中でも3社が1番人気として推しているのがダノンプレミアムです。

 

2歳時は3戦無敗で朝日杯FSを制してG1制覇を軽々と達成。しかもこの時に2着馬に付けた着差は平成以降では最大ということで翌年のクラシック制覇も期待される素質馬として華々しい成績を残しました。

 

明け3歳、ダノンプレミアムは年明け緒戦となる弥生賞を快勝。クラシック制覇に向けていよいよ本腰を入れるところとなりましたが、故障のためまさかの皐月賞回避。やむなく照準をダービーに絞りましたが、ここでは距離の壁に泣かされて6着と初めて敗れる形になりました。

 

それから体勢を立て直すことになったダノンプレミアムは春の目標を安田記念に設定。そうして迎えた年明け緒戦の金鯱賞で快勝して復活をアピールすると、続くマイラーズCでも極上の切れ味勝負を制して2連勝。G1制覇まで待ったなしとなった安田記念はアーモンドアイに次ぐ2番人気に支持されましたが、直線で故障したことも影響してまさかの16着に大敗。3歳以降は故障に泣かされる悲運の馬という印象がぬぐい切れずにいました。

 

しかし、体勢を立て直してから迎えた天皇賞(秋)はアーモンドアイ相手に2着に好走。得意の東京コースでなおかつ中距離戦はベストの舞台であることが考えられるだけにこの構想は妥当と言えば妥当ですが、しっかりと走れればこれだけ走れるというポテンシャルの高さを見せつける形となりました。

 

今回の京都マイル戦はマイラーズCを勝った得意コース。それだけに久々のG1制覇に向けてお膳立てが整ったと言えるでしょう。

 

これに続いているのがダノンキングリーです。

 

こちらもデビューから3連勝を飾って共同通信杯で重賞初制覇。この時の上り3ハロンの時計が32秒9という抜群の速さを記録しただけにクラシック制覇を期待され、今年の3歳牡馬クラシックへと向かいました。

 

1戦目の皐月賞は中団からよく伸びたものの届かずに3着に終わりましたが、続くダービーはロジャーバローズが早めに仕掛ける展開に動じずに動き、人気馬の中では最も正攻法な競馬をして2着に。サートゥルナーリアらが伸びを欠いたことを考えるとかなりの善戦だったと言えるでしょう。

 

兄弟が短距離で活躍した馬ばかりということもあり、秋は菊花賞に見向きもせずに果敢に古馬相手の毎日王冠へとコマを進めます。共同通信杯と同じ舞台ということもあり1番人気に支持されますが、ここでも直線の伸び脚を見せて快勝。古馬相手も楽々と勝ち切ったことでこの馬の実力が証明されました。

 

もともとマイルCSを最大目標としていた節がある調整をしていた馬だけにここまでの臨戦過程はカンペキ。それだけにここでも古馬を制圧する可能性も高そうです。

 

このダノン2頭に続くのが春のマイル王、インディチャンプ。

 

ここまで紹介したダノン2頭とは異なり、3歳時はクラシック未出走。毎日杯でブラストワンピースの3着に入った程度でしたが、明け4歳にして急成長。安田記念ではアーモンドアイ、ダノンプレミアムらの強豪場を蹴散らしG1初制覇を達成しています。

 

マイルCSは11月17日(日)の15時40分に発走予定。女同士の激戦となるだけにぜひ馬券を買ってみたいですね!


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<