【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

香港カップ2019 気になる出走馬の詳細は?

 

12月に入り、今年の競馬界もいよいよ佳境になってきました。日本では有馬記念まで盛り上がりを見せていきますが、日本のお隣とも言える香港でもこの時期が一番熱いと言っても過言ではないでしょう。なぜなら、香港カップの開催が間もなくに迫っているからです。

 

今年の香港カップは12月8日(日)の16時30分(日本時間:17時30分)に香港のシャティン競馬場の芝コース2000mで開催。3歳以上の馬が出走可能の国際レースで、世界各国から一流馬が香港に集まってきます。

 

もともと香港カップは創設された1988年から国際レースとして開催されていましたが、80年代と言えば、日本でもジャパンCが創設されたころで、欧州からの出走馬がほとんどないという状態を迎えていた時期。しかも日本よりもはるかに格が劣る香港のレースで欧州の一流馬が出走するわけがなく、創設当時は地元香港の馬、そして隣接するシンガポール所属馬が大半という状態でした。

 

香港カップが変わったのは94年から、この年に国際G2レースに昇格したことに加え、香港側も本格的に外国馬の招致に熱心になり、この年から12月の第2日曜日に固定されることになりました。さらに香港カップだけでなく、スプリント、マイル、そして2400mのヴァーズも創設することになり、1日に国際レースを多く行うドバイワールドカップデーやブリーダーズカップデーの様なキャンペーンを展開しました。

 

そして、日本からの遠征も増えて95年には森秀行厩舎所属のフジヤマケンザンが遠征し、香港カップを勝利。さらに98年にはミッドナイトベッドがレコード勝ちを収めるなど、日本馬にも強いレースとして知られるようになりました。翌99年から香港カップはG1レースに昇格し、距離も芝2000mに変更。これを機に国際的な地位を築いていきました。

 

数々の国際レースで苦汁をなめていた日本馬達ですが、ほぼ地元といえる香港では数多くの良績を残すことでも知られています。中でもすさまじかったのが2001年。この年の香港国際競走では日本馬は4レース中3勝、香港ヴァーズでステイゴールド、香港マイルでエイシンプレストン、そして香港カップでアグネスデジタルが勝利するという快挙を成し遂げています。

 

それ以降、日本馬にとって剛のレースで、これまでに32回の開催で5勝。近年でもエイシンヒカリ、モーリスも勝利を収めるなど、日本馬にとっては相性のいいレースです。

 

日本馬も活躍するレースだけに気になりますよね。というわけでブックメーカーのオッズを見て、有力馬を紹介していきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

 

ブックメーカーbet365

 

今年の香港カップの出走馬はかなり少なめ。ですが、それだけ少数精鋭と言えるでしょう。その中で1番人気を集めたのは地元のフローレです。

 

もともとオーストラリアのK.リーズ厩舎に所属していたフローレ。2018年1月にタリー競馬場というカントリーの競馬場で迎えた初戦を制するとそこから4連勝をマーク。G1初挑戦となったローズヒルギニーでは最後の直線で不利を受けて3着に食い込みましたが、続くオーストラリアンダービーでは先行するもバテてしまい6着に。しかし、ここまでの活躍に目を留めた現在のオーナーにトレードされ、香港のF.ロー厩舎へと移籍を果たしました。

 

香港での初戦はまさかの7着、2戦目は3着とその歩みは極めてゆっくりとしたものでしたが、4歳クラシックシリーズの初戦にあたる香港クラシックマイルを中団から差し切って優勝。シリーズ2戦目の香港クラシックCは後方から追い込んで4着に終わりましたが、続くシリーズ最終戦にあたる香港ダービーでは5、6番手追走から直線で抜け出して、見事に香港G1レース2勝目をマークしました。

 

この勢いのまま国際G1のクイーンエリザベスU世Cに挑みましたが、ここではウインブライトの10着に大敗。これで18/19シーズンを終えました。翌19/20は10月1日のセレブレイションC5着から始動し、続くレディースパースでは道中掛かり通しで8着。しかし叩き3戦目となった前走11月17日の香ジョッキークラブC(G2)では中団から直線でいい脚を使ってエグザルタントから1馬身1/4差の2着に入りました。

 

戦績を見てもわかる通り使えば使うほどよくなるタイプの馬だけに叩き4戦目となるここは絶好の狙い目。時計が掛かる馬場がいいのも香港勢としてはプラスとなることでしょう。

 

これに続くのがオーストラリアで悲願のG1制覇を果たしたばかりのマジックワンド。

 

アイルランドの名門、エイダン・オブライエン調教師の下でデビューし、3歳時は英オークス4着、愛オークス5着、ヴェルメイユ賞2着とG1レースでも上位に食い込みましたが、いずれも勝ち切れず重賞での勝ち鞍ははリブルスデールSのみに。4歳となった今年はペガサスワールドターフカップで2着に入るとドバイシーマクラシック5着、マンノウォーS3着と遠征先での奮闘が目立ちました。

 

ヨーロッパに戻ってからはキングジョージでの最下位など大敗を喫しましたが、遠征先での強さは変わらず、アメリカのアーリントンミリオンでは2着に入り、そしてオーストラリア遠征ではコックスプレート4着、メルボルンC10着を経て、マッキノンSでようやく勝利。遠征先での強さを改めて誇示する形となりました。それだけに香港でも脅威の存在と言えるでしょう。

 

ちなみに日本のウインブライドは現在3番人気。クイーンエリザベスU世Cと同部隊だけに再びの激走に期待が持たれます。

 

香港カップは12月8日(日)の16時30分(日本時間:17時30分)に発走予定。国際的な名馬が決まる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<