【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

プロ野球セリーグ ヤクルトスワローズvs阪神タイガース

 

プロ野球セリーグ、ヤクルトスワローズvs阪神タイガースの一戦が、2019年4月16日に愛媛・松山にある坊ちゃんスタジアムにて開催されます。

 

巨人をゲーム差1で上回り、首位のヤクルトスワローズは、キャンプ地でもある愛媛・松山が今年初の地方開催となりました。阪神タイガースは首位と4ゲーム差の5位となっており、投手陣の奮起に期待が掛かります。開幕戦と同じカードとなりましたが、開幕3連戦は阪神タイガース2勝1敗となっています。この試合の予告先発は、ヤクルトスワローズが原樹理投手、阪神タイガースがガルシア投手と発表されています。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:1xBET

 

 

 

オッズを見てみると、ヤクルトスワローズの勝利が1.58、阪神タイガースの勝利が2.46となっています。やはり首位のヤクルトスワローズ有利となっていますね。

 

ヤクルトスワローズは、チーム打率こそ低いものの、相手のミスから生まれたチャンスを巧くものにしており、総得点85はセリーグで断トツのトップとなっています。防御率も3.51とセリーグ2位となっており、攻守にバランスの取れたチームに仕上がっています。この試合の注目選手は青木宣親外野手です。ベテランの域に達した元メジャーリーガーは既に20安打を記録するなど、精神的支柱なだけではなく、プレーでもチームを牽引しています。

 

対する阪神タイガースは、ここのところ「投壊」状態であり、防御率は4.60とセリーグワーストとなっています。打線においても今年は一発が期待できる選手が少ないだけに、いかに繋いで点を取れるかに注目が集まります。この試合の注目選手はガルシア投手です。昨季中日ドラゴンズでの活躍ぶりが見られず、今季はここまで2試合に登板して14失点、防御率14.63と結果を残せずにいます。先発ローテーションの座をキープする為にも、何とか白星を掴みたいものです。

 

この試合は、地方球場での登板が初となるガルシア投手が本調子での投球が難しく、好調なヤクルト打線を抑えるのは難しいと思われます。阪神打線の奮起に期待が掛かりますが、未だ主軸が固定できないというチーム事情もあり、ヤクルトスワローズの勝利が有力と予想します。


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<