【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

プロ野球セリーグ 阪神タイガースvs読売ジャイアンツ

 

プロ野球セリーグ、阪神タイガースvs読売ジャイアンツ(巨人)の一戦が、2019年4月19日に阪神甲子園球場にて開催されます。

 

18日のヤクルト戦では8年ぶりに1試合5ホーマーと打線が爆発した阪神と、打線が好調でありながらも首位ヤクルトと1.5ゲーム差をつけられている巨人との対戦となります。この試合の予告先発は、阪神タイガースがメッセンジャー投手、読売ジャイアンツが菅野智之投手と発表されています。球界を代表するエース同士の投げ合いとなりました。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:1xBET

 

 

 

オッズを見てみると、阪神タイガースの勝利が2.69、読売ジャイアンツの勝利が1.5となっています。やはり2位巨人と5位阪神の順位差が反映されたオッズとなっていますね。

 

阪神タイガースは、4月18日のヤクルト戦で大山悠輔内野手と中谷将大外野手の2ホーマーと近本光司外野手の1発で久々に打線が爆発しました。しかし今日の相手は菅野智之投手です。球界一とも言われている菅野智之投手をどう攻略していくのかに注目してみましょう。この試合での注目選手は大山悠輔内野手です。今季は4番を開幕から任されており、昨季は15打数6安打1ホームランと、菅野智之投手との相性も抜群です。

 

対する読売ジャイアンツは、中一日空けての試合となります。17日の広島戦では最終回に集中打を浴びて逆転負けを喫しており、嫌な流れを断ち切りたいところです。この試合での注目選手は岡本和真内野手です。今季はまだ本調子とは言えないものの、昨季は阪神戦の打率.404をマーク。今季もここまで阪神戦の打率.455、3ホームランを記録しており、阪神を大のお得意様としています。

 

平成もいよいよあと10日。平成最後となる「伝統の一戦」の第1戦は、両チーム共にエースを投入してきました。来日10年目となるメッセンジャー投手は昨季の対巨人戦の防御率が3.38となっており、菅野智之投手の昨季の対阪神戦の防御率は1.98となっています。この試合は投手戦になりそうですが、東京ドームでの3連戦を3連敗で終えた阪神は、なんとか巨人相手に今季初勝利を飾りたいところです。この試合は社会人ルーキー近本光司外野手の活躍により、阪神タイガースの勝利と予想します。


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<