【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

EAFF E-1サッカー選手権「日本vs中国」

EAFF E-1サッカー選手権「日本vs中国」の一戦が、12月12日に味の素スタジアムにて開催となります。

 

初戦の北朝鮮戦を1−0で制し、白星発進となったハリルジャパンでしたが、苦戦しながらも勝ち切ったことは称賛に値する反面、試合内容は褒められるべき点が少なかったです。

 

格下相手の北朝鮮に苦戦したこともですが、北朝鮮に危ないシーンを何度も与え、代表初先発のGK中村選手の好セーブが無ければ2・3点決められても不思議ない守備に不安を感じた試合でした。

 

決勝点となった後半ロスタイムラストプレーの井手口選手のミドル弾が無ければ、延長、もしくは負けていてもおかしくない試合だったので、2戦目の中国戦は安心して観ていられる試合を
作って欲しいものです。

 

では両チームのご紹介の前に、まずはブックメーカーにてオッズを見ていきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

日本勝利 1.42倍、引き分け 2.344倍、中国勝利 5.80倍、

 

現在のオッズを見ると日本勝利は固そうなオッズとなっています。

 

ただ初戦の北朝鮮戦も似たような日本優勢のオッズだったので楽観視してはいけません。

 

というのも中国はFIFAランキング60位、北朝鮮は114位と北朝鮮よりも中国の方が実力が上のチームなので、今回も厳しい戦いになることが予想されるからです。

 

中国代表チームは選手個々の能力も高く危険な選手も多くいますが、選手よりも監督の方が厄介かもしれません。

 

中国代表チームを率いているのは、名将マルチェロ・リッピ監督です。

 

マルチェロ・リッピ監督の功績は、イタリアの名門クラブのインテルやユヴェントスを率いて、国内リーグ制覇はもちろんのことチャンピオンズリーグ優勝、イタリア代表チームではW杯優勝など世界的名将監督として君臨しています。

 

アジア最終予選の途中で中国代表チームの監督に就任したマルチェロ・リッピ監督でしたが、任期途中の就任ながらロシアW杯出場が絶望的なチームを見事蘇らせ、3勝1敗2引き分けの好成績を収めました。

 

残念ながら中国はロシアW杯の出場権を獲得できませんでしたが、初めからリッピ監督だったら出場権を取れていたかもしれません。

 

中国は初戦の韓国戦を2−2の引き分けとしている事からも、アジアでは強豪国の一つに数えられるチームです。

 

日本はホームアドバンテージがあるものの、北朝鮮よりも苦戦することは明白なので負ける可能性も考慮してBETしましょう。


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<