【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

ブンデスリーガ第34節「ハンブルガーSVvsメンヘングラートバッハ」

 

ブンデスリーガ第34節「ハンブルガーSVvsメンヘングラートバッハ」が5月12日にハンブルガーSVの本拠地フォルクスパルク・シュタディオンにて行われます。

 

リーグ17位ハンブルガーSVと9位のメンヘングラートバッハとの一戦、最終節で一番の注目カードとなります。

 

ハンブルガーSVがクラブ創設史上初の2部降格となるのか?その一点に世界中のサッカーファンの注目が注がれます。

 

ただハンブルガーSVが降格圏を脱出するにはかなり厳しい条件が課せられます。

 

16位ヴォルフスブルクの勝ち点が30、17位ハンブルガーSVの勝ち点が28なので、ハンブルガーSVがこの試合で勝利し、ヴォルフスブルクが敗戦すれば順位が入れ替わります。

 

ハンブルガーSVの相手はホームとはいえ、9位と格上のメンヘングラートバッハ、一方ヴォルフスブルクはホーム戦の上、対戦相手は降格が決まった18位ケルンとなりますからヴォルフスブルクの方が有利な立場で戦えます。

 

奇跡の逆転残留を果たすのか?日本人の酒井選手、伊藤選手をはじめとするハンブルガーSVイレブンの活躍に期待しましょう。

 

ではこの試合の勝敗オッズをブックメーカーから見ていきます。

 

ブックメーカー1xbet

ハンブルガーSV勝利 2.42倍、引き分け 3.86倍、メンヘングラートバッハ勝利 2.94倍、

 

ブックメーカーnetbet

ハンブルガーSV勝利 2.30倍、引き分け 3.65倍、メンヘングラートバッハ勝利 2.90倍、

 

ブックメーカー21bet

ハンブルガーSV勝利 2.31倍、引き分け 3.60倍、メンヘングラートバッハ勝利 2.86倍、

 

現在のオッズだとホームのハンブルガーSVが優勢となっています。

 

前回メンヘングラートバッハのホームで対戦した時は1−3でハンブルガーSVが敗戦しているとはいえ、今回はハンブルガーSVのホーム戦。

 

クラブ史上初の2部降格が掛かっている試合ですから、いつも以上にハンブルガーSVのサポーターは殺気立っているでしょうし応援にも力が入るでしょう。

 

選手もサポーターの期待に応えなければならず、半ば強引に実力以上の力が発揮出来るはずです。

 

降格するにもホーム最終戦、勝って終わらなければ格好がつかないでしょうしサポーターに申し訳ないでしょうから、今回はハンブルガーSVの勝利で固く収まると断言します。


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<