【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

第97回天皇杯準決勝「ヴィッセル神戸vsセレッソ大阪」

天皇杯準決勝「ヴィッセル神戸vsセレッソ大阪」の試合が12月23日にヤンマースタジアム長居にて13時キックオフとなります。

 

今シーズンは元ドイツ代表のポドルスキー選手を獲得するなど大型補強を敢行したヴィッセル神戸とJ2から昇格し3位と好成績でリーグ戦を終えたセレッソ大阪との関西ダービーが準決勝で実現となりました。

 

両チームの今シーズンの対戦は2度あり、2度ともセレッソ大阪がヴィッセル神戸を降しています。

 

リーグ戦とは異なり一発勝負のカップ戦だけにリーグ戦の対戦成績がそのまま直結するとは思いませんが、戦力的に見てもセレッソ大阪が優位なのは間違いないです。

 

では勝敗予想の前に、まずはブックメーカーにてオッズを見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

ヴィッセル神戸勝利 3.60倍、引き分け 3.50倍、セレッソ大阪勝利 1.83倍、

 

ブックメーカー1xbet

ヴィッセル神戸勝利 4.34倍、引き分け 3.96倍、セレッソ大阪勝利 1.85倍、

 

ブックメーカーw88

ヴィッセル神戸勝利 4.35倍、引き分け 3.70倍、セレッソ大阪勝利 1.76倍、

 

現在のオッズを見るとやはりセレッソ大阪が優勢となっています。

 

リーグ順位と対戦成績を見ればセレッソ大阪が有利であることは明白なのですが、今季のセレッソ大阪が躍進できたのもリーグ2位の得点力を誇る攻撃陣あってのものです。

 

その攻撃陣の中核を担うリーグ2位の22得点を挙げた杉本健勇選手が怪我の為に試合に出れないのはセレッソ大阪には痛手です。

 

しかし、今のセレッソには元日本代表の柿谷選手や山口蛍選手などタレント揃いですし、杉本選手の穴は埋めてくれると思います。

 

対するヴィッセル神戸は今シーズン開幕後に得点力不足に陥り、夏に元ドイツ代表のポドルスキー選手、元日本代表のハーフナー・マイク選手を獲得するなど大型補強を敢行したものの、得点力不足を解消できないままリーグ9位に成績に終わりました。

 

肝心のポドルスキー選手も一時帰国したドイツで音信不通となっていますし、この試合での欠場が決定するなど何かと暗い話題が先行している状況でチーム内の雰囲気も良いとは言えません。

 

得点出来ないヴィッセル神戸にとって朗報なのは、天皇杯に限りフォワードの渡邉千真選手が4試合で4ゴールしている事実があるので、渡邉千真選手の活躍次第ではひょっとすれば番狂わせもあるかもしれません。

 

 

 


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<