【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

UEFAネーションズリーグ「フランスvsオランダ」

 

UEFAネーションズリーグのリーグA、グループ1の「フランスvsオランダ」が9月10日にスタッド・ド・フランスにて開催されます。

 

開催場所のスタッド・ド・フランスは、フランスのクラブチームのホームスタジアムではなく、世界的にも珍しく代表チーム専用のホームスタジアムになります。

 

フランス代表はスタッド・ド・フランスで負けるわけにはいきません。

 

対戦相手のオランダ代表は今年8月に行われたロシアW杯本戦には欧州予選で敗退した為出場できませんでした。

 

2010年のW杯南アフリカ大会では準優勝、2014年のブラジル大会では3位、そして今回のロシアW杯で予選敗退と3大会の結果を見て分かるように、準優勝をピークに成績が下降しています。

 

スナイデル、ファン・ペルシー、ロッベン、フンテラールなどのタレントを要した黄金世代から、今はちょうど世代交代の時期に差し掛かっているオランダ代表です。

 

新生オランダ代表チームがロシアW杯優勝国のフランスを相手にどこまで通用するのか?若いメンバーも多いだけに良い腕試し的な一戦になると言えます。

 

ではフランスvsオランダの勝敗オッズをブックメーカー3社から見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

フランス勝利 1.57倍、引き分け 4.00倍、オランダ勝利 5.80倍、

 

ブックメーカー1xbet

フランス勝利 1.59倍、引き分け 4.14倍、オランダ勝利 6.75倍、

 

ブックメーカー10bet

フランス勝利 1.51倍、引き分け 3.95倍、オランダ勝利 6.50倍、

 

現在のオッズを見ると、ホームのフランス代表が圧倒的人気を集めています。

 

両チームのメンバー構成を見ると、フランスはロシアW杯で優勝したメンバーとほぼ変更がありません。

 

いうなれば世界一となったチームのベースは変わらないという事になります。

 

一方のオランダ代表は4年後のカタールW杯に向けて若手中心のメンバーで世代交代を行っている真っ最中です。

 

そんなオランダ代表とW杯チャンピオンのフランスを比べること自体がナンセンスですし、ましてはフランスのホーム試合となりますから、オランダが勝つことはあり得ないと思っています。

 

既にフランス代表はドイツ代表とのアウェイ試合を1試合消化している点も今回の試合に置いて有利に働くと見ています。

 

オランダ代表は今回の試合がUEFAネーションズリーグの初戦になりますから、試合序盤はどうしても動きが固くなってしまいます。

 

ホームで勝利が義務付けられているフランスが序盤から攻勢をかけてくることが予想されるので、オランダが試合序盤で失点する可能性も高くなりますし、大舞台での経験が乏しい若手が多いのでパニックになり大量失点を招かないとも限りません。

 

前半のうちにフランス代表が試合を決めてしまう、そんな一方的な試合になるような気もしますので、今回の勝敗予想はフランス勝利で間違いないと思います。


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<