【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

AFCアジアチャンピオンズリーグプレーオフ「柏レイソルvsムアントン・ユナイテッド」

 

AFCアジアチャンピオンズリーグプレーオフ「柏レイソルvsムアントン・ユナイテッド」の一戦が1月30日に三協フロンテア柏スタジアムにて行われます。

 

昨年はJリーグの浦和レッズが制したAFCアジアチャンピオンズが1月16日の1次予選ラウンドを皮切りに今年も開幕いたしました。

 

そして日本勢の先陣を切って昨年リーグ4位の成績を収めACLの出場権を獲得した柏レイソルがプレーオフから登場します。

 

対戦相手のムアントン・ユナイテッドは近年成長著しいタイの名門クラブで、日本人の青山直晃選手も所属していることからACLの場で日本人対決が実現となりました。

 

柏レイソルは2015年のACLベスト8以来となる約3年ぶりの参戦ですし、名門完全復活に向けてプレーオフ如きで敗退するわけにはいきません。

 

ではブックメーカーにて勝敗オッズから見てきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

柏レイソル勝利 1.48倍、引き分け 4.44倍、ムアントン・ユナイテッド勝利 7.60倍、

 

現在のオッズを見ると柏レイソルが断然優勢のようです。

 

柏レイソルの方が実力的に格上ですし、ホームアドバンテージが見込めることも柏レイソル有利と見る大きな要因だと思います。

 

そして柏レイソルは過去2012年、2015年大会においてタイのクラブチームのブリーラム・ユナイテッド、チョンブリーFCと対戦した経緯を持ち、2勝1敗の成績を収めています。

 

今回対戦するムアントン・ユナイテッドではありませんが、ブリーラム・ユナイテッド、チョンブリーFCはムアントン・ユナイテッドとライバル関係にあるチームでムアントン・ユナイテッドの実力を測る上では申し分のないチームです。

 

しかも1敗はアウェイゲームの戦績で、今回と同じくホームゲームに限れば2戦全勝の成績となるのも柏レイソル有利と言える強調材料となります。

 

ただムアントン・ユナイテッドも昨年ACLでベスト16まで進み、グループリーグでは鹿島アントラーズや韓国の強豪チーム蔚山現代から勝利しているので侮れない存在ではあります。

 

昨年の主要メンバーは残っていますし、柏レイソル有利といえども接戦となる事は間違いないでしょう。

 

ですが、苦しみながらも柏レイソルがACL本戦へ駒を進めると思いますで、今回は柏レイソル勝利を予想したいと思います。


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<