【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

オランダ・エールディビジ第21節「フィテッセvsフローニンゲン」

 

エールディビジ第21節「フィテッセvsフローニンゲン」の一戦が、2月3日にヘルレドームにて開催となります。

 

リーグ順位6位のフィテッセが日本人MF堂安律の所属する13位フローニンゲンとホームで対峙します。

 

前回対戦時のリーグ戦第12節ではフローニンゲンのホームで行われ4−2でフローニンゲンが勝利しています。

 

今回はホームを入れ替えての一戦ですし両チーム直近の成績はまずまず良いので、順位こそフィテッセが上ですけど接戦が予想されます。

 

ではブックメーカー各社のオッズを見比べていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

フィテッセ勝利 1.65倍、引き分け 3.80倍、フローニンゲン勝利 4.75倍、

 

ブックメーカー1xbet

フィテッセ勝利 1.69倍、引き分け 4.20倍、フローニンゲン勝利 5.20倍、

 

ブックメーカー10bet

フィテッセ勝利 1.60倍、引き分け 4.00倍、フローニンゲン勝利 5.15倍、

 

現在のオッズを見るとホームのフィテッセが優勢となっていますね。

 

では両チーム直近5試合の成績を見比べていきます。

 

フィテッセは5戦2勝1敗2引き分けとまずまずの良績を挙げていて、そのうち1敗は首位PSV戦でのものです。

 

しかもアウェイの立場ながら1−2の接戦だったことを考えれば価値ある敗戦といえるでしょう。

 

一方のフローニンゲンは5戦1勝1敗3引き分けとこちらもまずまずと言っていい成績を収めています。

 

特に第16節ホームでの首位PSV戦では3−3の引き分けに持ち込んで価値ある勝ち点1をゲットしています。

 

5試合で11得点の攻撃陣の活躍は目を見張るものがありますけど、失点数も9と多く守備力に難があり大味な印象を持つフローニンゲンですが、型にはまった時の爆発力は魅力的です。

 

前回直接対決ではフローニンゲンが勝っていますけど、今回はアウェイですしフィテッセは攻守にバランスの取れたチームですから、フローニンゲン自慢の攻撃力を持っても崩すのは難しいと考えます。

 

なので今回は倍率は低いですけどもフィテッセ勝利で固く収まると予想いたします。


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<